よくある質問

よくある質問

職場環境や採用についてお答えしています。

Q
子供がまだ小さく体調を崩すことが多いのですが、当日にお休みは取れますか?
ご安心下さい。歯科医院ではギリギリの人数で運営しているところも多いですが、長野歯科医院では常に当日の欠勤をカバーできる人数を確保できております。
また、みんな同じように子育てを経験しているので、理解がある人ばかりです。
Q
ブランクが10年以上あっても復帰できるのでしょうか?
もちろんです。ご本人に合わせた教育プログラムを組み、できることから一つずつ取り組んで頂きます。徳治会には実際に10〜20年のブランクから復帰され、活躍されている方がいらっしゃいます。働き方などについても、お気軽にご相談下さい。
Q
みなさんお昼はどこで食べますか?また、休憩中は何をしていますか?
休憩室があるので、そこでみんなテレビの話や家のことなど他愛ない話をしながら食べています。あとは、スマホやテレビを見たり、それぞれ好きなことをしています。
Q
通勤は車が多いですか?公共交通機関が多いですか?
立地の関係上ほとんど車ですね。無料駐車場があるので駐車場の心配はいりません。
Q
社員旅行があるということですが、どんなところに行くんですか?
これまでに鹿児島・佐賀・福岡・長崎・大分などに行きました。行き先はみんなで決めています。
Q
規模が大きい医院だということですが、実際人間関係はどうなんですか…?
気になるところですよね。院長はとにかく真面目で、一人一人のパートナーが働きやすいように考えてくださっています。失敗した時や、分からないことがあった時に相談しても、まず怒ることがありません。「どうしてそうなったのか」を一緒に考えてくれます。
上司は、自分が言った意見をしっかり聞いてくれて、それを院長や副院長に伝えて反映させてくれるので、ちゃんと見てくれているんだなと感じます。
同僚は、仕事の相談もできて、休みの日のことなど色んなお話ができるので、一緒にいてとても楽しいです。
もし、「そんなの信じられない!笑」ということであれば、ぜひ一度見学に来て下さい。
Q
新型コロナウイルスへの対策を教えてください。
長野歯科医院では以前より院内感染防止対策に力を入れ、標準予防策(スタンダードプリコーション)*に取り組んでおりましたが、コロナの感染拡大により更に徹底して対策を行っています。

※標準予防策(スタンダードプリコーション)
全ての患者さんが感染症を持っているという仮定に基づいて感染症対策を行うという考え方。

コロナ対策実施項目

  • 非接触体温計によるスタッフの検温
  • 非接触体温計による来院された患者様の検温
  • 窓を開けて、換気を徹底しています。
  • 受付に飛沫感染予防シールド設置
  • 玄関に消毒液設置
  • スタッフ全員、マスク、フェイスシールドの装着
  • 患者様とスタッフの動線分離だけでなく、滅菌済み器具と使用済み器具の動線分離
  • 制服は持ち帰らず院内で洗濯
  • 専用の滅菌室での滅菌と器具の管理の徹底
  • 滅菌できないライトや台などはラップをして取り替え
  • 口腔外バキュームの使用により、ウイルスの浮遊を阻止
  • 患者様は診療までの待ち時間、車の中で待機も可能
  • 院内感染予防対策認定医資格取得
  • その他院内感染防止のための資格取得者、認定多数